• ホーム
  • >
  • 利用環境とサポート体制

ビジネス英語の決定版GlobalEnglish 日経版 利用環境とサポート体制

利用環境

Windows OS Windows 7 SP1 以上
※ただしWindows 8のみIE10以上
ブラウザ Internet Explorer 9以上、Chrome 、Firefox 最新
Macintosh OS Mac OS 10.6以上
ブラウザ Safari 5以上、Chrome 24以上、Firefox 17以上
Flash Player バージョン 11以上(Adobe Flash Player許可を有効化)
※PCのみ
携帯機器/
タブレット
Apple デバイス(スクリーンサイズ 9インチ以上):
iPad 2(iOS 7.x)以上(Safari 5以上)
Android デバイス(スクリーンサイズ 9インチ以上):
Android 4.2 JellyBean以上(Chrome 24以上)
Windows デバイス(スクリーンサイズ 9インチ以上):
Windows 8.x以上(Internet Explorer 10以上)
※ただし上記環境範囲内であっても、ブラウザとOSとFlash Playerの組み合わせにより、一部表示不具合や各種機能がご利用になれない場合がございます。
(各種ブラウザのベータ版、プレビュー版等でのご利用、一部アドオンのご利用も含みます)
  • ※iPhoneおよび一部Android OS 搭載のモバイル端末では利用できません。
  • ※記載されている会社名・商品名は各社の商品または商標です。
  • ※Mac OS、iOS、iPhone、iPadは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

聞き取り、会話、英会話レッスンには、マイクつきのヘッドセットが必要です。教材には含まれておりませんので、お客様各自でご準備ください。(マイクやスピーカーを内蔵しているPCをご利用になる場合は、ヘッドセットは必ずしも必要ではありません)。 また、「発音」「会話」など録音を伴うコンテンツは、一部のタブレットではご利用いただけません。

システムチェック にて、ご利用のパソコンで音声や録音機能が作動するかをご確認ください。

個人のお客様の学習管理とサポート体制

「進み具合」で、学習の進捗を把握

学習済みのアクティビティやテスト結果など、学習の進み具合がひと目で確認できます。
アイコンで分かりやすくチェックできるので、学習計画を立てるのに便利です。

「進み具合」で、学習の進捗を把握

ゲーム感覚で楽しく学べる

アクティビティや各レベルを完了する度にバッジがたまります。
たまったバッジは、「自分のポートフォリオ」から一覧でチェックすることができます。
学習の成果が目に見えるため、モチベーションや達成感が高まります。

ゲーム感覚で楽しく学べる

学習時間のご確認に関して

学習時間の合計は下記手順でご確認いただけます。

  • ①「GlobalEnglish 日経版」の学習ページにログインする。
  • ②学習ページの上部にあるグラフのアイコン(My Progress、インタラクションの右隣)をクリックする。
  • ③進み具合の中の「アクティビティ」をクリックする。
  • ④「年単位」をクリックすると、学習時間の合計と完了したアクティビティの総数が表示される。
  • https://edge.globalenglish.com/MyProgress/Activityをクリック後、IDとパスワードを入力し確認いただくことも可能です。
  • ※Edgeによる学習のみ対象となります。Bloomによる学習は計測されません。

サポート体制

eラーニングでもサポートは万全。充実したカスタマーサポートでスムーズにご利用いただける環境を整えています。

受講者ガイド

お申し込みいただいたお客様には、受講開始時の準備から各アクティビティや機能を詳しく説明したPDFガイドをお配りしてます。(受講開始時のガイダンスメールからダウンロードできます。)

法人のお客様の学習管理とサポート体制

必見! 管理・サポート体制を動画でチェック!(約2分)

管理者機能

管理者画面のダッシュボードで、各受講者の学習進捗を確認することができます。
学習時間やレベル、スキルなどがひと目で分かります。

各種レポートはエクスポート可能。報告書作成にも役立ちます。
グループ単位での管理も簡単に行えます。

管理者機能


管理者機能

サポート体制

受講者のサポート

ログインがない受講者には、学習を促すサポートメールを配信します。

管理者のサポート

・営業担当によるサポート
企業様ごとに営業担当が付き、きめ細かいサポートを提供します。

・学習状況レポートのEメール送信
毎月の報告メールで受講者の学習の進捗状況を確認。修了率の向上をサポートします。

・管理者画面で確認
サービス使用状況の要約、ユーザーレポート、テスト結果といった学習状況を確認できます。