ビジネス英語の決定版GlobalEnglish 日経版 よくある質問

個人のお客様

質問1申し込みをしましたが、この後、受講スタートまでどうなりますか?

お申し込みが済んだら、受講開始日に届く「ようこそ」という件名のWelcomeEメールをお待ちください。このメールが届いたら、受講スタートです。

質問2WelcomeEメールはいつごろ届くのでしょうか。

WelcomeEメール(「ようこそ」という件名のメール)は、受講開始日のお昼前後に配信されます。
個人でご受講の場合、受講開始日は、原則として毎週水曜日です。お申し込みいただいた日の翌週の水曜日から受講開始できます。
WelcomeEメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。
尚、フリーメールや携帯メールには届かない場合がございます。

質問3学習期間が終了したら、自動的に延長されますか?

自動的に受講更新はされませんので、ご希望の方は各自手続きをしてください。日経ビジネススクールで購入手続きの際に、現在受講中、又は過去にご使用していたユーザー名を入力していただくと、過去の学習履歴を引き継いで学習することができます。

質問4継続手続きをしたのに、ログインできなくなっています。

個人でご受講の方は、継続手続きのタイミングによっては、受講期間に切れ目が生じることがあります。再度6ヶ月間受講できるようにする更新設定作業は、更新手続き(受講料のお支払い手続き)をしていただいた「翌週の水曜日」に行っています。それまでの間に、現在ご利用のライセンスが切れてしまうと、一時的にログインできなくなります。受講期間が終了する2週間前までに継続手続きしていただくと、切れ目なくご利用いただけます。 なお、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、年末年始の間は、更新設定作業がご購入の翌々週の水曜日となるケースがあります。

質問5領収書を発行してください。

恐れ入りますが、領収書の発行はしておりません。クレジットカード会社にお問い合わせください。
お買い上げ明細書につきましては、購入時にお客様にお届けいたします「メール」をもって代えさせていただいております。

質問6ユーザー名(ID)やパスワードを忘れてしまいました。

ユーザー名(ID)は、受講開始時に送られた「ようこそ」という件名のメールに明記されています。パスワードは初めてアクセスしたときにご自身で設定したものです。
メールを紛失してユーザー名(ID)がわからなくなった場合、あるいはパスワードを忘れてしまった場合は、ログイン画面から「パスワードを忘れた場合」をクリックしてお手続きください。

法人のお客様

質問1法人契約をするための条件はありますか?

5名様以上から承っております。

質問2法人契約と個人契約で違いはありますか?

価格や契約期間が異なります。また、法人契約では管理者機能を使用することができ、営業担当のサポートも受けられます。

質問3自社のeラーニングシステムに取り入れて運用できますか?

本製品はクラウドサービスでの提供のため、イントラネット等への搭載は行っておりません。

質問4提出のために必要な社員の受講状況や進捗を見ることができますか?

管理機能をご利用いただくと、ダッシュボードでさまざまなデータをリアルタイムで入手することができます。管理者機能は、10ID以上のご契約でご提供となります。

法人・個人共通

質問1学習のために準備するもの・必要なものはありますか?

利用環境を満たしているパソコン、マイクつきのヘッドセットが必要です。

質問2タブレットやモバイル端末でも学習できますか?

「英会話レッスン」、発音・会話など録音を伴う機能を除いて、タブレット対応しております。
詳しくは利用環境をご確認ください。

質問3TOEIC®やTOEFL®の対策はできますか?

教材に、模擬試験をTOEIC®やTOEFL®それぞれ2回ずつ収録しています。スコアを伸ばすための対策、パートごとの分析も充実しているので、受験前に充分に対策をすることができます。

質問4どんな人向けの教材ですか?

ビジネスパーソンの受講を想定しています。基礎から上級者向けまで幅広いレベルで教材を用意しているので、現在の英語力は問いません。仕事で英語が必要な方、キャリアアップを目指している方など、さまざまなビジネスパーソンに受講いただいています。

質問5どのくらいレベルは上がるものですか?

学習のペースや取り組み方によりますが、1週間に1回、1時間程度学習を続けた場合、4ヶ月間で1レベルアップすることが多いようです。

質問6海外在住でも、受講できますか?

利用環境を満たしているパソコンであれば、受講できます。国のネットワーク環境規制によっては閲覧できないサイトがあるなど、使えないことがございます。なお、本講座には郵送する教材はございませんが、キャンペーンの時など送付物をお送りすることがあります。この場合、送付先は国内の住所に限らせていただきます。

質問7修了基準は?修了や成績を証明する書面はもらえますか?

教材全体の修了基準はありません。この教材の中身は、11レベルに分かれており、各レベルの最後にテストがあります。そこで70%以上正解するとそのレベルが合格となり、そのレベルの修了証が画面に表示され、印刷できます。記録用もしくは報告用の書面が必要な場合にご利用ください。

質問8スピーキングの練習は、どのように行うのでしょうか?

最新の音声認識機能を利用して、発音の精査を高める練習を行います。例えば「英文の発音練習」では、録音した音声をシステムが自動的に分析し、問題のある発音部分を表示。「単語の発音練習」では、録音した自分の発音とネイティブスピーカーの発音を聞き比べることが可能です。週に1度参加できる「英会話レッスン」では、ネイティブの専任講師と世界中の受講生と会話することで、リアルなコミュニケーションを鍛えることができます。

質問9学習に関するメールが届きません。

メールボックスがいっぱいになっていないか、あるいはスパムフォルダーに振り分けられていないか、ご確認ください。
受講期間中に配信されるメールには、「事務局からの連絡」「システムからの自動配信メール」などがあります。それぞれ発信元が異なります。メールフィルターをご利用の方は、これらのメールアドレスの受信許可設定をお願いいたします。
また、フリーメールや、携帯メールには届かないことがございます。
「WelcomeEメール」(件名:ようこそ)が届かない場合は、こちらのフォームからお問い合わせください。

質問10発音の練習において「発話が認識できません」というメッセージが出たり、録音が失敗します。

「発話が認識されません」というメッセージにつきましては、正しい発音でない場合や、マイクが音を拾えていない場合に表示されます。

FAQ Q1:録音と自動音声認識問題の対処法を教えて下さい。をご覧ください。

質問12ライティングフィードバックの確認方法を教えてください。

ライティングの添削は、投稿後数日で届くことになっております。

FAQ Q4: ライティングの添削を確認する方法を教えて下さい。をご覧ください。

質問13どのように履歴や成績は記録されていくのでしょうか?

受講を始めるときの「レベル分けテスト」や各レベルの末尾のテストの成績のほか、多くの問題や演習の学習記録が残ります。

質問14日経の記事を使った教材は、どこで見られるのですか?

日経やFTの記事を使った教材は、Edge2.0の「仕事」タブの「Nikkei Edition」からアクセスできます。
過去の日経の記事はBloomの「My Page」⇒「日経の記事で学習」から、過去のFTの記事は「My Page」⇒「FTの記事で学習」からアクセスすることができます。

質問15ライティング問題の添削や英会話レッスンを担当するのは、どのような講師ですか?

講師は、ネイティブスピーカーであることはもちろん、英語を母国語としない人や特別な目的をもった人を教育するエキスパートです。GlobalEnglishのメソッドに共感し、専用のトレーニングを受けているので、受講生の学習を強力にバックアップすることができます。